北向観音と善光寺周辺のオススメお食事処をご紹介

北向観音と善光寺のどちらでもおいしいものの宝庫です。なかなか味わえない信州ならではのおいしいものを味わうのも旅の醍醐味です。

●地元でも大人気の明治亭でとんかつを味わおう

長野県駒ヶ根市の名物ソースカツ丼で有名な明治亭は善光寺近くでも食べられますし、長野駅ビルでも食べられます。旅行客にも人気がありますが、地元の主婦層にも人気のあるボリューミーなのになぜかさくさくの衣にぺろりと食べられてしまうというトンカツになります。テイクアウトもありますが、トンカツと地元クラフトビールを味わいながら新幹線を待つということもできるので旅のシメに明治亭という人も多いようです。

●北向観音と善光寺参り定番のそばといえば「十割そば大善」

やはり長野に来たなら、そして善光寺に来たならそばが食べたいという人も多いと思います。長野駅から善光寺に向かう参道の途中にあるこの大善は十割そばの名店でもあり、特に人気があるのが十割そばと天ぷらの組み合わせです。口に含むと蕎麦の歯ごたえと香りが豊かで、そこにさくっとした天ぷらはえび、ナス、ウド、エリンギなどがありボリュームもある一品となっています。そばは二色そばなどの食べ比べができるメニューもあり、蕎麦好きは是非とも出向きたいお店です。

●具沢山のピザならTIKUで決まり!

善光寺そばにあるご夫婦が営む手作りピザのお店です。天井の高いこぢんまりとした居心地の良い空間で、いつも予約がいっぱい。その人気はピザのおいしさにハマる人が多いからだそうです。1ドリンクオーダー制でカウンター席もあるのでお一人様も気兼ねなく入れそうですね。あつあつのチーズがとろーりしたピザは何枚でも食べられそうな生地が薄いタイプのピザです。地元野菜を浸かったシャキシャキのサラダは頼んだピザの枚数分のサービスだそう。

●横町カフェでスパイスたっぷりのカレーを味わう

あの七味唐辛子で有名な八幡屋礒五郎に併設されたカフェが「横町カフェ」でスパイスをふんだんに使ったカレーをメインにしたメニューです。黒カレー、赤カレー、緑カレーと色別で味わいが違うのが面白いですが、黒カレーは信州牛を使った焙煎カラムマサラを使用した香り高い味わいで、赤カレーはチキンを使ったバターとコクのある味わい、緑カレーは青唐辛子の辛味とココナツミルクの調和の取れたピリリとした味わいにエビが入ってさらに山椒をきかせてあるので癖になるおいしさです。もちろん一つに選べない人のために、あいがけカレーというメニューもあるのでご安心ください。飲み物はコーヒーや紅茶の他に信州産のリンゴジュースや桔梗ヶ原名産のブドウジュースなどもあります。

●日野出食堂でおふくろの味を堪能

別所温泉といえばここを語らずに入られないと言われる人気の食堂です。昭和10年ごろの佇まいのままの店内に、名物は鳥の出汁と醤油で味つけた馬肉の肉うどん。肉丼や肉皿などを頼むとおかみさん特製の野菜や山菜を浸かったおつまみがついてきて、それがまたおいしいと評判です。

●茶房パニでホッと一息つこう

北向観音から少し離れたところにある茶房パニですが、鳥のさえずりが聞こえたり、森林浴ができてとても居心地が良いお店です。中の内装も素朴で温かみのあるインテリアが揃っていますが、店主がこだわって出しているオープンサンドや玄米おにぎり定食などのランチの定番を外のテラス席で食べるのが特におすすめです。自家製味噌を使ったお味噌汁や優しい煮物の味わいにホッと一息つけますし、他には季節ごとに変わる手作りケーキやタルトもおしゃれでフルーツがたくさん入っているので食べ応えもあります。お店のサイトで予約についての案内も出ているので一読してみると良いでしょう。